クレジットカードの基礎知識

安心!クレジットカードの使い方

商品やサービスを購入した時、現金以外の方法で支払うことが多くなってきました。中でもクレジットカードは使える対象や場所も多く、世界中で、商品やサービスを売る側にとっても買う側にとっても欠かすことのできない、重要な役割を果たしています。

使い方はとっても簡単。大きな買い物や海外旅行の時にだけ使ったことのある方も、全く使ったことのない方も、安心して使えるクレジットカードを暮らしに役立てて行きましょう。

街のお店で使う

現在では主だったスーパーやショッピングセンター内の専門店、チェーンの飲食店など、クレジットカード払いにほぼ対応しています。クレジットカードで支払いができるお店には、入口やレジの付近に利用できるクレジットカードのロゴマークが貼られている場合が多いですね。

クレジットカードといっても、使い方はとっても簡単。現金でのお買い物とほとんど変わりません。ショッピングでもお食事でも、会計の時に現金に代わってクレジットカードを差し出すだけで大丈夫です。

お店の人が、お店の会計伝票と、クレジットカード伝票を見せてくれますので、両方の金額が同じであることを確認したらサインかあらかじめ登録しておいた暗証番号を入力します。お店によってはサインレスに対応している場合もあります。手続きはこれで完了です。

クレジットカードを利用した代金は、「1回払い」「分割払い」「ボーナス一括払い」などを選ぶことができます。分割やボーナス払いはあらかじめクレジットカード会社との契約になりますので、事前に確認しておきましょう。

インターネットでショッピング

近年、利用者が爆発的に増加しているネットショッピングでは、クレジットカードが支払方法の主役といってもいいでしょう。ショッピングサイトでお目当ての商品をショッピングカートに入れて、「レジに進む」とお名前や配送先の情報とあわせて、「支払い方法」つまりクレジットカードの情報を入力して買い物をします。

ネットショッピングでは、英文字表記の名前、クレジットカードに記載されているクレジットカード番号(会員番号ともいいます)とカードの有効期限の入力が必要です。決済の安全性を高めるためにセキュリティコードや3Dセキュアといった仕組みもありますので、ショッピングサイトのご利用案内で詳しく確認してみましょう。

ネットショッピングでは、会員情報と一緒にクレジットカード番号を保存しておけるサイトもあります。一度保存しておけば、何度も入力する手間が省けて便利です。

請求はいつ来るの?

請求はいつ来るの?クレジットカードを利用すると、通常1カ月ごとにお買い物などに利用した明細書が郵送されてきます。クレジットカード会社によっては、インターネットで見る利用明細書の場合もあるでしょう。

利用明細書には、期間中の利用金額の明細が書かれています。使った日付とお店の名前、金額が一覧になっています。そして利用金額の合計と支払い日も記載されています。あらかじめ銀行の口座振替を指定していれば、支払日に自動的に引き落とされますので、特に手続きは必要ありません。(でも、口座の残高の確認はしておきましょうね。)

お店でもネットでも、普段通りに買い物をしたら現金の代わりにクレジットカードを差し出すだけ。
賢く使っていきたいですね。

お得な限定キャンペーン情報

クレジットカード絞り込み検索

あなたの希望する条件を入力してクレジットカードを検索することができます。さらに絞り込み検索を入力すると、よりあなたの条件に合った申込み可能なクレジットカードだけを絞り込むことが可能です。

こだわり

年会費

国際ブランド

電子マネー

カードの種類

キーワード

カード名・カード会社など

性別・年齢 年齢:
職業・年収 年収:万円

注目の特集

全ての特集をみる

チェックしたカード

全て削除

 

クレジットカード発行会社一覧