クレジットカードの基礎知識

クレジットカードって、何?

お店のレジに並んでいる時、支払いにクレジットカードを利用するひとが飛躍的に多くなっていると思いませんか?さまざまな色やデザインのプラスチックのカード。これを提示すれば、毎日利用するスーパーやドラッグストアのレジでも難なく支払い手続きが済んでしまいます。小銭を出す必要も一切ありません。そう、海外旅行や大きな買い物に限らず、実際にふだんのお買い物もクレジットカード払いにする人はたいへん増えてきています。

クレジットカードとは、そもそも何なのでしょう?そしてなぜこれほどまでに普及したのでしょうか。

クレジットカードは1950年に生まれました。ある実業家が、レストランでの食事を済ませて会計をしようとした時、財布を忘れてきたことに気づきました。たいへん恥ずかしい思いをしたそうで「いくらお金があっても持ち歩ける現金は知れている。だったらお金を持ち歩かずに自分の『信用』で支払いを済ますことのできるシステムを作ろう」と思い立ち、やがてできあがったのが、クレジットカードだと言われています。

「立て替え払いしてもらう」「一時的に借りる」のが目的なのではなく、そもそもクレジットカードの成り立ち自体が「信用度を証明すること」なのですね。ですから、クレジットカードには利用者の信用にふさわしい利用限度額が決められており、その条件の範囲内であれば料金は後払いで、お店で商品を購入したりサービスを受けたりすることができるのです。

クレジットカードがここまで普及したことにはちゃんと理由があります。クレジットカードが使えることによって、お店(加盟店)はお客様が増えます。するとクレジットカード会社も加盟店からの手数料が増えます。そしてもちろん、クレジットカードの利用者にはたいへん多くのメリットがあるのです。

利用者は、手もとに現金がなくても欲しいものを欲しい時に買うことができます。一括払いなら金利はかかりません。また、カードの利用金額に応じてポイントをもらうことができます。貯まったポイントを現金として使えたり、ギフトカードなどと交換できます。特定のお店や商品などでポイント倍率が大幅にアップしたり、キャッシュバックや割引が受けられたりします。

それだけではありません。買ったものが破損した場合に補償してもらえる、海外旅行傷害保険が付帯されている、ロードサービスが受けられる、空港ラウンジが使える、ホテルやレストランを予約してくれる・・・などなど「カードを持っているだけで、そんなにいろいろしてもらえるの?」と驚いてしまうほど多様なサービスを受けることができるんです。

これらの特典をゲットするのに、高額な買い物をする必要はありません。私たちが普段の生活で買うもの、利用するサービスをクレジットカード払いにするだけでいいんです。先にも述べたように一括払いなら金利・手数料はかかりません。年会費無料のクレジットカードも多く、そのサービスもかなり充実しています。だったら、同じ買い物をするのに現金がいいか、クレジットカードがいいか、明らかだと思いませんか?

クレジットカードはあなたの信用を証明するもの。きちんと審査された上で持つことのできるステータスです。その信用度に対して提供される数々の特典は、毎日の暮らしを潤いのあるものにしてくれることでしょう。これからこの「クレカ財津ラボ」で、クレジットカードの作り方、使い方や、まだまだ盛りだくさんのメリットをご紹介していきます。

お得な限定キャンペーン情報

クレジットカード絞り込み検索

こだわり

年会費

国際ブランド

電子マネー

カードの種類

キーワード

カード名・カード会社など

性別・年齢 年齢:
職業・年収 年収:万円

注目の特集

全ての特集をみる

チェックしたカード

全て削除