クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの審査ってどんなもの?

クレジットカードの審査とは

クレジットカードは担保を差し出すことなく、買い物代金を立て替えてもらったり、キャッシングを利用できるサービスです。クレジットカードを持つことは特に難しいことではありませんが、クレジットカードを発行するにあたって、カード会社ではちゃんと審査が行われています。クレジットカードを所有する人の信用力を調査(審査)するのです。

さて、クレジットカードの審査はどのような内容が調査されるのでしょうか。詳細はクレジットカード会社によって異なりますが、基本的には次のような項目が調査されます。

○実在する人物かどうか(住所、居住形態、電話番号など)
○クレジットカードの加入履歴
○消費者ローンの取引履歴
○支払い事故(支払い遅延、延滞回数、強制解約)の有無
○収入(職業、勤務先、勤続年数など)

カード会社がその情報を得るために利用しているのが「信用情報機関」です。多額の債務を抱えた人が別のクレジットカードで借金を繰り返すことを未然に防ぐことなどがその目的です。

○全国銀行個人信用情報センター(全銀協、KSC)
○シー・アイ・シー(CIC)
○日本信用情報機構(JICC)

クレジットカード発行会社は上記の信用情報機関のいずれかに加盟しており、会員に異動(事故)・申告情報が発生した際に、上記の三機関が運営している信用情報交流ネットワーク「CRIN」により情報を共有しています。つまり、いずれかのクレジットカード会社で支払いの事故を起こした後、別の会社でクレジットカードを作ろうとしても過去の事故情報は共有されていますので、審査結果は厳しいことになるでしょう。逆に順風満帆なクレジットカードの利用履歴も共有されることになりますので、審査に良い影響を及ぼすこともあるでしょう。

「申込みすぎ」に注意しましょう

便利でオトクなクレジットカードですが、自分の「信用」の範囲内で利用する以上、やみくもに何枚も持っていれば良いというわけではありません。自分の身の丈以上に申し込んだりすると、反対に信用度が落ちてしまいますので、次のような点に注意しましょう。

カードを持ちすぎない

クレジットカードには、会員の信用に基づいて利用限度額が設定されています。安定して得られる収入から「枠」が設定されていますが、あまりたくさんのクレジットカードを持ちすぎるとこの「枠」を圧迫してしまいます。すでに「枠」がいっぱいになってしまっていると、新しいクレジットカードの審査も難しくなってしまいますので、利用頻度の低いカードは限度額を引き下げたり、解約しましょう。

短期間に何枚も申し込まない

クレジットカードを申し込むと、信用機関にその記録が残ります。短期間に何枚も申し込んでいることがわかると、「お金に困っているのでは?」と思われてしまい、審査に通りにくくなってしまうことがあります。これを「申し込みブラック」なんて呼ぶこともあるようですので注意しましょう。

前回のカード申し込みから期間をあける

クレジットカードを申し込んだ記録は、信用機関に一定期間残ります。クレジットカードの審査が通らず、不要なカードを解約したり、所有しているカードの限度額を引き下げるなどの対策をしたあとでも、すぐに新しいカードを申し込まず、6カ月ほどあけた方が良いでしょう。

自分が本当に欲しいカードが見つかったのに、不要なカードを放置していたせいで入会できないのでは意味がありませんね。ぜひ所有しているカードの種類、限度額などを点検しておきましょう。

お得な限定キャンペーン情報

クレジットカード絞り込み検索

あなたの希望する条件を入力してクレジットカードを検索することができます。さらに絞り込み検索を入力すると、よりあなたの条件に合った申込み可能なクレジットカードだけを絞り込むことが可能です。

こだわり

年会費

国際ブランド

電子マネー

カードの種類

キーワード

カード名・カード会社など

性別・年齢 年齢:
職業・年収 年収:万円

注目の特集

全ての特集をみる

チェックしたカード

全て削除

 

クレジットカード発行会社一覧