クレジットカードの使い方は「お店で提示するだけ」ですが、
ネットショッピングや公共料金の支払などカードを持ち歩かなくても使える場面が増えています。
また普及が進むETCや電子マネーもクレジットカードと密接な関係。ポイントもしっかりもらえます。

お店で提示する

百貨店やブランドショップだけでなく、スーパー、ドラッグストア、コンビニ、飲食店などあらゆるところでクレジットカードは使えます。使い方は支払いの時に提示するだけ。支払い回数を聞かれるので希望する回数を伝えます。1回払い(または2回払い)なら手数料はかかりません。

お店や金額によってはサインを求められることもあるので、レシートとカード伝票の金額が同じことを確かめてからサインします。

また、専用の端末に4ケタの暗証番号を入力するケースもあります。持ち歩くカードの暗証番号は頭に入れておきましょう。

支払い時に提示するだけ

光熱費やネットショッピングにも

光熱費も携帯料金もすべてクレカ払いOK!

クレジットカードは電気代やガス代、携帯電話料金、プロバイダ料金、保険料などの支払いにも使えます。それぞれの会社に「クレジットカード払いにしたい」と申し込んで所定の手続きをするだけ。手数料はかかりませんし、ちゃんとポイントがもらえるのでお得です。

ネットショッピングではクレジットカードが不可欠です。それぞれのショップでクレジットカード払いを選択して、カード番号などの情報を入力するだけ。

振込みや代引きには手数料がかかりますが、クレジットカード払いにすれば手数料はありません。
ポイント優遇が多いのもネットショッピングの魅力です。

電子マネーもETCもクレカ払い

「iD」や「QUICPay」など「チャージのいらない電子マネー」の普及が進んでいますね。これらの電子マネーをで支払った金額は電子マネー発行時に指定したクレジットカードからの支払いになります。もちろんポイントがつくのでお得です。

高速道路の利用時に便利なETCカードはクレジットカードの追加カードとして発行するのが一般的。ですから利用分はそのクレジットカードでの支払いとなります。こちらも、もちろんポイントがつきます。

電子マネーもETCもクレカ払い

もしもの時はすぐに連絡!

履歴はWeb明細書でチェック!!

クレジットカードを使った履歴は、すべて利用明細書に記載されていますのでしっかりチェックしましょう。郵送してもらうこともできますし、ほとんどのカード会社ではWEB上で明細を見ることができます。また、利用するたびにメールが送られてくるカードもあるので便利です。

もしも身に覚えのない利用履歴を見つけたら、すぐにカード会社へ電話しましょう。クレジットカードの裏面に書いてある番号へかければ24時間・365日対応してくれます。

万が一クレジットカードを失くしてしまった場合にもすみやかにカード会社へ連絡します。
併せて、最寄りの警察署か交番にも届け出ることをお忘れなく。

不正利用による被害額はカード会社によって補償されますが、90日間などの期限が設けられているため、不審なことがあったらすぐに電話するのが鉄則です。