知っトク!クレカまるわかり

「手のひら静脈認証」でクレジットカードが不要に

2015/10/23

JCBと富士通および富士通フロンテックは、クレジットカードを使わず、手のひらの静脈認証技術を使った決済方法の実験を実施すると発表しました。

具体的には「顧客の手のひら静脈情報とクレジットカード情報をサーバーに登録」→「顧客は買い物をする時、手のひらを静脈センサーにかざす」→「手のひら静脈情報をもとに、サーバーからクレジットカード情報を呼び出す」→「決済する」という流れです。

こちらのコーナーではこれまでに何度も「クレジットカードの盗難・不正利用」について注意すべき点をご紹介してきましたが、それはいずれも「カードそのもの」あるいは「カード番号を始めとするカード情報」を他人の手に渡さないようにするのが大事、ということでした。

しかし手のひら静脈認証を利用しての決済はそもそも「カードが不要」なので、カードもカード情報も盗まれることがありません。

手のひらの静脈パターンは人によって違いますし加齢による変化などもありませんから、極めて高い確率で正確に本人確認ができます。ある資料によると手のひら静脈認証で誤って他人を認証してしまう確率は0.0001%、つまり100万回に1回だそうです(それでも「ゼロ」ではないんですね…)。

また、富士通が開発した手のひら静脈認証は非接触型、つまり装置に触れることなく認証ができるので抵抗感が少なく、衛生面でも安心だというメリットがあります。

「なんにもいらない」というスゴさ

これまでは、手のひら静脈までいかなくてもスマホで決済できれば大抵のところで用は足りるんじゃないかなとぼんやり思っていた筆者でしたが、このニュースの中で紹介されていたメリット「指紋などと違って濡れても変化がないため海水浴場や温浴施設などでの決済にも便利」という一文には「これだ!」とヒザを叩きました。

筆者が注目したのは「濡れても変化がないので指紋認証よりいい」という点ではなく「濡れたら困るサイフやスマホがいらない」というところです。

海水浴に行くとき、お金の管理には気を使います。「濡らさないために」ということも兼ねてサイフにしろスマホにしろクレジットカードにしろ「何に入れて、どこに置くか」にも気を使います。また誰かが荷物を見ていなければならないので「友人や家族の全員では海に入れない」のがちょっと残念なのです。

海辺だとカレーも焼きそばもビールもおいしいので家族全員トータルだとけっこうお金を使うものなんですよね。海の家のスペースやシャワーを借りたりするとなおさら。お金をどう持ち歩くか、けっこう困ります。

また、ロッカーなどが整備されていない日帰り温泉なども心配です。盗難対策と言っても「サイフを着替えでぐるぐる巻きにしておく」ぐらいしかできなくて、お金の心配をしながらサッサと上がってくるなんてことがしょっちゅう。海水浴も日帰り温泉も、いつもなんとなく落ち着かないのです。

しかし手のひら静脈認証なら電子マネーやスマホなどを持ち歩く必要がありません。自分さえいれば「なんにもいらない」のです。防犯上の安心が確保されれば消費者としても海水浴場や温浴施設でもっとお金が使いやすくなりますから、施設側としても売上増が期待できます。

すでに2015年7月からJCB本社では社員数百名が参加して手のひら静脈情報とクレジットカードの紐づけによる実証実験を実施済みだそうで、実用化に向けて前進しています。「手ぶらで決済できる時代」が、すぐそこまで来ているんですね。

お得な限定キャンペーン情報

クレジットカード絞り込み検索

あなたの希望する条件を入力してクレジットカードを検索することができます。さらに絞り込み検索を入力すると、よりあなたの条件に合った申込み可能なクレジットカードだけを絞り込むことが可能です。

こだわり

年会費

国際ブランド

電子マネー

カードの種類

キーワード

カード名・カード会社など

性別・年齢 年齢:
職業・年収 年収:万円

注目の特集

全ての特集をみる

チェックしたカード

全て削除

 

【PR】T&Eカード最高クラスのサービスを!アメックス入会キャンペーン実施中!

クレジットカード発行会社一覧