知っトク!クレカまるわかり

複数の利用明細を1画面で見られて、ポイントはダブルで貯まる!

2015/11/13

金融系システム開発やビジネスコンサルティングを手掛けるIT Realize(アイ・ティ・リアライズ)株式会社は、クレジットカードの利用明細を「お得に管理できる」無料のiPhoneアプリ「CRECO(クレコ)」を先週11月5日から提供しています。今後はAndroidにも対応する予定です。

どんな機能?

CRECOのアプリを立ち上げて、自分が使っているクレジットカードのウェブ明細画面への認証情報(IDとパスワード)を登録すると、「CRECO」が明細データを自動的に収集してくれます。自分が持っているカードを複数枚登録すれば、複数カードの明細を1画面で確認できるようになります。

アプリ内のカレンダーでは日付ごとに「いくら使ったか」が表示されていて、カレンダー下には「どこでいくら使ったか」も表示されます。日付をタップするとさらに詳細がわかります。もちろんカードごとの月別利用明細も見ることができます。

いまのところ登録できるのは楽天カードとイオンカード、JCBカード(JCBオリジナルシリーズということでしょうか)の3枚ですが、今後は毎月3カードずつ登録可能カードが追加されていくとのこと。

「ダブルで」ポイントを獲得!

このサービスで魅力的なのは、利用明細をまとめて見られるというところだけではありません。「ポイント」ももらえます。

何に対してポイントがもらえるのかというと「収集した明細の金額に対して」。しかもその金額に対して「1%」のCRECOポイントがもらえます。利用店舗を問わず、全ての利用明細に対して、月間最大1万ポイントまでもらえると言うのです!

気になる還元率ですが、CRECOの公式サイトによると「1,000円の利用につき10ポイント」。いまのところ「1ポイントは何円相当に設定されるか」に関してハッキリしたコメントはありませんが、「1ポイント=1円相当になる見込み」という情報もあります。

仮にそうだとしたら、CRECOに登録したカードAの利用明細の金額が10万円、カードBの利用明細の金額が5万円だった場合は、「(10万円+5万円)×1%」でなんと「1,500円分のCRECOポイントがもらえる」ことになります。

さらにすごいのはこのCRECOポイントは「クレジットカードのポイントとは別にもらえる」こと。つまり登録したクレジットカードが「還元率1%」だったら、CRECOポイントを合わせると実質的に「還元率2%」のポイントがもらえるということになるのです!

貯まったポイントはCRECOがチョイスした家電、旅行、ブランド品、提携加盟店の割引チケットなどと交換できます。

データの安全性は?

ユーザがアプリに登録した認証情報は高レベルのセキュリティで暗号化された上で「スマホ内にのみ保存する」ため、「情報をインターネット上に預けるのが心配」という不安も解消。氏名・住所などの個人情報もポイント交換商品の配送時以外ではインターネット上に保存されることはないそうです。

2015年12月の明細分までは、ゲームアプリ「CRECO BIRD」で障害物を乗り越えていくと、0.1%ずつポイント率がアップし、最大2%までポイントアップするキャンペーンも実施するとのこと。うれしいことに筆者も対象カードを複数枚持っておりますので、今後は実際に使用してみた感想などもご紹介していこうと思います!

お得な限定キャンペーン情報

クレジットカード絞り込み検索

あなたの希望する条件を入力してクレジットカードを検索することができます。さらに絞り込み検索を入力すると、よりあなたの条件に合った申込み可能なクレジットカードだけを絞り込むことが可能です。

こだわり

年会費

国際ブランド

電子マネー

カードの種類

キーワード

カード名・カード会社など

性別・年齢 年齢:
職業・年収 年収:万円

注目の特集

全ての特集をみる

チェックしたカード

全て削除

 

【PR】T&Eカード最高クラスのサービスを!アメックス入会キャンペーン実施中!

クレジットカード発行会社一覧