知っトク!クレカまるわかり

手持ちの電子マネー1枚で新幹線もOK

2016/02/26

JR東海とJR西日本は、東海道新幹線・山陽新幹線のチケットを持たずに、Suicaなどの「交通系電子マネーだけで」乗ることができるサービスを来年の夏から開始すると発表しました。

やり方は至ってかんたん。Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、PiTaPa、SUGOCA、nimoca、はやかけん、を持っている人は、ネット上の専用サイトで

  • ・手持ちの交通系電子マネーの番号を登録
  • ・手持ちのクレジットカード情報を登録
  • ・東海道・山陽新幹線の指定席を予約

すれば、実際の乗車時には交通系電子マネーを改札機にタッチするだけで新幹線に乗ることができます。

電子マネーは上記のものならOK。クレジットカードは5大国際ブランドのVisa、MasterCard、JCB、アメックス、ダイナースすべてOK。乗車する前ならいつでもサイト上で予約変更することができます。

在来線の乗り換えもそのまま

このサービスを利用すれば、たとえばJR渋谷駅~(山手線)~JR品川駅~(東海道新幹線)~JR三島駅~(東海道本線)~JR沼津駅をすべてSuica1枚で乗り継ぎできることになります。予約も楽、変更も楽、乗車も乗り換えも楽々のいいことだらけです。

新幹線の分だけクレジットカード

ここでひとつ気になるのが「なぜクレジットカード情報を登録するのか」ですね。実はこのサービス、「新幹線の料金分はクレジットカードで決済される」のです。

先ほどの行程で説明すると、渋谷駅~品川駅の山手線は電子マネーSuicaで乗車。「新幹線代はクレジットカード決済という情報が記録されたSuica」で品川駅と三島駅の新幹線改札を通過。そして三島駅~沼津駅の東海道本線は再び電子マネーSuicaで乗車。こんな感じですね。

狙いは訪日外国人

これまでも「EXサービス」の会員はその専用カードだけで東海道・山陽新幹線に乗ることができましたが、年間最大1,080円の会費が必要です。それに対して来夏から始まるこのサービスは会費不要。手持ちの交通系電子マネーとクレジットカードがあれば誰でも利用できます(ただし会員割引はなし)。

このサービスは、JR東日本の新幹線は対象外。ただしそのJR東日本でも「モバイルSuica」を使ってチケットレスで新幹線に乗れるサービス(JR東海「エクスプレス予約」へ入会すれば東海道・山陽新幹線も可)を提供しています。

しかしこちらはおサイフケータイ対応のスマホ・ケータイが必要。それに対して交通系電子マネーと5大国際ブランドのクレジットカード(つまり大部分のクレジットカード)さえあれば新幹線の予約・チケットレス乗車ができるJR東海・JR西日本のサービスは訪日外国人客でも利用できます。

ここ数年の訪日外国人客数の激増ぶりからすると外国人対応は旅行業界の最重要事項のひとつです。それによってわたしたちにとっても便利なことが増えるのは嬉しいですよね。これから出てくるであろう他社の新サービスにも注目です!

お得な限定キャンペーン情報

クレジットカード絞り込み検索

あなたの希望する条件を入力してクレジットカードを検索することができます。さらに絞り込み検索を入力すると、よりあなたの条件に合った申込み可能なクレジットカードだけを絞り込むことが可能です。

こだわり

年会費

国際ブランド

電子マネー

カードの種類

キーワード

カード名・カード会社など

性別・年齢 年齢:
職業・年収 年収:万円

注目の特集

全ての特集をみる

チェックしたカード

全て削除

 

【PR】T&Eカード最高クラスのサービスを!アメックス入会キャンペーン実施中!

クレジットカード発行会社一覧