知っトク!クレカまるわかり

Apple Payに関する最新情報チェック

2016/11/11

9月のこのコーナーでお知らせした「Apple Pay」について、当時は「見込み」だったものが実際にサービスが開始されて「確定」したことがいくつかあります。今回はそのあたりの最新情報をまとめてみましょう(以下、情報はすべて2016年11月9日現在のものです)。

国際ブランドのロゴが消えた?

9月の発表当時、Apple Payの公式サイトには「対応クレジットカード」として最初に「American Express、JCB、MasterCard」のロゴがあり、そのあとに発行会社のロゴが並んでいました。

しかし現在はその頭の国際ブランドのロゴがなくなりました。ただし、下の発行会社のロゴの中に「発行会社としてのJCB」ロゴは掲載されています。

さらに他の発行会社と並んで記載のあった「MUFGカード」のロゴは一段下がって「まもなく登場」という扱い。入れ替わるように「楽天カード」のロゴが対応カードとして記載されています。

国際ブランドと発行会社

当初の記載の順序だと「国際ブランドがアメックス、JCB、MasterCardなら対応。さらに下の発行会社ならVISAブランドでも対応」という捉え方をしていた人が筆者も含めて多かったのですが、国際ブランドのロゴが外れたいま「国際ブランドに関係なく、とにかくこの発行会社のカードなら対応」という捉え方でよさそうです。

ただしSuicaに関しては国際ブランドがVISAの場合、それが「本家」のビューカードであってもチャージはできないとのこと。でも「オートチャージはできる」そうなのでちょっとややこしい感じです。

アメックスのプロパーは非対応?

国際ブランドのロゴが消えたことでもうひとつ話題になっているのが「アメックスのプロパーは対応していないのか」という点。これは案ずるより実行だということでApple Payへの登録を試してみましたが、最終的に「このカードは登録できません」という表示が出てきます。ただし対応に向けて進行形だそうで、まもなくApple Payに登録できるようになると思われます。

iDになるかQUICPayになるか

チャージ不要の電子マネーiDとQUICPayについては「対応クレジットカードを登録すると、どちらかが自動的に割り当てられる」ことになっています。これは利用者が任意で選べるものではなく、登録したカードで決まります。それぞれの公式サイトで確認したところ、どちらが割り当てられるかは以下のようになっています。

iDが割り当てられるカードの発行会社

  • ・イオンカード
  • ・ソフトバンクカード
  • ・dカード(docomo)
  • ・三井住友カード

QUICPayが割り当てられるカードの発行会社

  • ・オリコ
  • ・クレディセゾン
  • ・auWallet
  • ・JCB
  • ・セブンカード
  • ・TS3 カード(トヨタ系)
  • ・ビューカード
  • ・MUFGカード
  • ・楽天カード

Apple Payの公式には記載のないセブンカードもQUICPayの側のサイトには対応カードとして掲載されていますね。ただし登録できるセブンカードは「JCBブランドのみ」のようです。

SuicaのApple Pay移行について

いますでにSuicaのカードを持っている場合は、iPhoneに簡単に移行できます。持っていない場合はSuicaアプリでiPhone内にSuicaを作成できます。また「モバイルSuica」をお使いの方もApple Pay、つまりiPhoneでのSuicaに「機種変更」という形で移行できます。

ただし「ビューカード」と一体型で搭載されているSuicaはApple Payに移行できません。

Apple Pay対応のクレジットカードは今後も続々と増えてくると思われます。引き続き最新情報が入り次第ご紹介します。

お得な限定キャンペーン情報

クレジットカード絞り込み検索

あなたの希望する条件を入力してクレジットカードを検索することができます。さらに絞り込み検索を入力すると、よりあなたの条件に合った申込み可能なクレジットカードだけを絞り込むことが可能です。

こだわり

年会費

国際ブランド

電子マネー

カードの種類

キーワード

カード名・カード会社など

性別・年齢 年齢:
職業・年収 年収:万円

注目の特集

全ての特集をみる

チェックしたカード

全て削除