知っトク!クレカまるわかり

公共料金のクレカ払い。カードが替わったら?

2017/08/18

これで何回目になるのかわからないぐらい、しつこくおすすめしているのが「公共料金のクレジットカード払い」です。

水道は自治体のサービスなので対応していないところがほとんどですが、電気、ガスに加えて携帯電話料金やプロバイダ料金などの毎月かかる費用は、口座振替だけでなく、クレジットカード払いにすることもできます。

クレジットカード払いにしたからといって手数料がかかることはありません。クレジットカードでのお買い物代金などと同じようにその月の利用料金が銀行から引き落とされ、同じようにポイントが貯まるのでお得です。

ただし、例えば東京電力だと「口座振替割引」という割引制度があり、口座振替をやめると毎月の電気料金が税込み54円安くなるサービスが受けられなくなります。しかし、仮に還元率1%のクレジットカードで電気料金を払う場合は月の電気料金が5,400円を超えるならクレジットカード払いの方がお得になるので、検討する価値はありますよ。

手続きをおさらい!

これら各種料金をクレジットカード払いに切り替える手続きは、電力会社、ガス会社など各業者のホームページなどでできます。電気代でいえば「お客様番号」などの顧客情報と、支払いに使うクレジットカード番号などを入力するだけ。面倒なことはありません。

さらにことし、大日本印刷と中国銀行の共同開発によるアプリ「ちゅうぎんパシャぺる」を使えば電気やガスの利用明細にある「お客様番号」をスマホのカメラで撮影し、氏名やメールアドレス、クレジットカード番号を入力するだけで手続きが完了するというサービスが始まりました。

このアプリでクレジットカード払い手続きができるのは一部のクレジットカードだけ、業者は中国電力、岡山ガス、水島ガス、関西電力に限られていますが、この流れが全国に波及する可能性は大。そうなればかなり便利になりますね。

クレジットカードを替えたらどうなる?

これらの支払いをクレジットカードに集約しておけば黙っていてもポイントが貯まるのでとても効率がいいのですが、問題なのは「クレジットカードを替えたらどうなるの?」ということです。

カードを替えるということはクレジットカード番号も替わるということですので、基本的にはひとつひとつの手続きをし直すことになります。

しかし、例えば「ゴールドカードにグレードアップした」などのように同じカード会社の別カードに切り替えた場合、カード会社によっては「切り替え手続きを代行してくれる」ケースもあります。

対象はカード会社によって多少違いますが、電気料金、ガス料金、携帯電話料金など基本的なものは網羅されています。クレジットカード払いがますます便利に、ますますお得になっています。ぜひ徹底的に活用してください!

お得な限定キャンペーン情報

クレジットカード絞り込み検索

こだわり

年会費

国際ブランド

電子マネー

カードの種類

キーワード

カード名・カード会社など

性別・年齢 年齢:
職業・年収 年収:万円

注目の特集

全ての特集をみる

チェックしたカード

全て削除