知っトク!クレカまるわかり

iPhoneのSuicaで新幹線に乗れなかった友達の話

2018/02/16

ちょっと前に友達が「iPhone Xに機種変したゼ」と自慢をしてきたので「じゃあiPhoneひとつで新幹線に乗れるゼ」と自慢し返してやったところ「何それ教えて」と食いついてきました。そこで以前こちらのコーナーでご紹介したJR東海とJR西日本のサービス「スマートEX」のことを教えてあげました。

もう一度おさらいしますと「スマートEX」とは「新幹線のチケットを手持ちのクレカで決済できて、新幹線の改札は手持ちの交通系ICカードで通れる」という楽ちんなサービス。

  • 「スマートEX」の公式サイトにアクセスし、会員登録する
  • チケット代を決済する手持ちのクレジットカード情報を登録する
  • 改札を通る際に使う手持ちの交通系ICカード情報を登録する

あとは「EXアプリ」などを使ってきっぷを予約すればOK。「改札を通る際に使う手持ちの交通系ICカード」はiPhoneのApple Payに登録したSuica(=「Walletアプリ」の中にいるSuica)でもOKなので、iPhoneひとつで新幹線に乗り、さらに在来線へ乗り継ぐことだってできます。

番号が違うって言われた

すると数日後、その友達からまた連絡が入りました。

「iPhoneで新幹線の改札を通れなかった。スマートEXに登録したSuicaの番号と違うって言われた」

筆者はこう返しました。

「WalletにいるSuicaはSuicaアプリで作ったSuica?それとも手持ちのSuicaカードを登録した?」

「Walletには手持ちのSuicaを取り込んだ。スマートEXにはSuicaカードの番号を見ながら登録したよ」

筆者は思いました。あ、そうだったか…。Suicaという言葉がたくさん出てくるのでちょっと整理すると、もしiPhoneひとつで新幹線に乗りたいなら「WalletにいるSuicaをスマートEXに登録する」必要があります。なのでこの友達は「Walletに取り込んだ手持ちのSuicaを見ながら番号を登録した」と言っています。それでいいはずです。

しかし実は、手持ちのカード型SuicaをiPhoneのWalletに取り込むと「SuicaのID番号が変わる」のです。つまり友達の場合は結果的に「WalletにいるSuicaとスマートEXに登録したSuicaは違うもの」になっているため、iPhoneでは新幹線の改札が通れなかったわけです。

一部しか表示されない

そのやり方だとSuicaの番号が変わってしまう旨を伝え、「だからスマートEXに登録してあるSuicaをWalletにいるSuicaの番号に直さないとダメだな」と教えると、今度はこんな返事がきました。

「それがさ…番号が全部表示されないから登録できないんだよ」

そこは盲点でした。実は、WalletにいるSuicaを見てもSuica番号は一部しか表示されないのです。理由はよくわかりませんが、番号全体を見るには「Suicaアプリから見る」必要があるのです。

しかしカード型SuicaをiPhoneに取り込む作業はSuicaアプリなしでできますから、友達はSuicaアプリをインストールしていません。そこで

「Suicaカードから取り込んだSuicaの番号も、Suicaアプリからだと全部見えるんだって」

と教えてあげると「アプリを入れたら見れた!登録しなおした!これでiPhoneで新幹線に乗れる!」

というキャピキャピした返事が届き、ひとまずは一件落着しました。うーん、確かにちょっと複雑ですね…。

そういえばiPhone 8に替えたばかりの妻もApple PayとスマートEXを使いたがっています。妻もSuicaカードを持っているので、友達と同じ状況になりそうな気がします。しょうがないのでわたしが代わりに登録手続きをして、お駄賃をもらおうと思います。

クレジットカード絞り込み検索

こだわり

年会費

国際ブランド

電子マネー

カードの種類

キーワード

カード名・カード会社など

性別・年齢 年齢:
職業・年収 年収:万円

注目の特集

全ての特集をみる

チェックしたカード

全て削除