知っトク!クレカまるわかり

あの大物芸能人が財布を持ち歩かない理由

2018/04/06

先月3月18日にフジテレビで放送された「ワイドナショー」の中で、ダウンタウンの松本人志さんが「財布を持ち歩かない」ことを明らかにし、一部で話題となりました。

その日のゲストだった落語家の立川志らくさんはいつも50万円以上の現金を持ち歩き、俳優の的場浩司さんは「現金を持っていないと嫌」「支払い時には小銭まできれいに出したい」という大の現金派でした。

それに対して松本さんは「コンビニは携帯電話でいけるし、それ以上高額だとカードでいける」とコメントしています。

これにより、松本さんが高額な買い物をする時はクレジットカード払いであることがわかりました。

そして「コンビニは携帯電話でいける」というのは、「おサイフケータイ」や「Apple Pay」による電子マネー払いのことを指すのでしょう。

多忙ですし、有名人としてはお店に長い時間いたくない(想像)でしょうから「チャージ」が必要なタイプの電子マネーではないはず。ということはチャージのいらない「iD」か「QUICPay」を使っていると思われます。

財布なし生活で困ること

とにかく松本さんは「小銭を持つことが大嫌い」なんだそうです。筆者は松本さんと違って小銭自体は好きですが、できるだけ身軽でいたいので、ほとんどの日は松本さんと同じく「財布なし」で過ごしています。

持ち歩くのはクレジットカードやキャッシュカードの入ったカードホルダーとiPhone。昼食時のコンビニ支払いはApple Pay(QUIC Pay)、会社帰りのスーパーの買い物は系列の流通系クレジットカードで払います。

そうやって小銭を持ち歩かない習慣が身に着いてしまうと、しばしば困るのがコインパーキングです。まだクレジットカード払いできないところが多いので、まったく現金を持ち歩かないと困ることがあるのです。

ということで松本さんも「コインパーキングで駐車料金を支払う場合のために(現金を)車内に置いてある」そうです。しかもなんと!「(小銭が)ヘンに(たくさん)ある時は、関係ない人のコインパーキング料金も入れてあげる」らしいです。理由は「小銭がうっとうしいから」。

なので「だから(もしあなたが)車出そうと思ってパネル下りてたら、(払ったのは)俺やと思って」と言っていました。

ただしちょっと調べてみたところ、コインパーキングのパネル(ロック板)は、「精算後5分ぐらい経ってもまだクルマが停まっている場合は再び上がる」そうです。

でもきっと料金は「その時点から」になるでしょうから本来より安くなるはず。たとえロック板が下りていなくても精算時に「あれ?やけに安いな…」と思ったら、それは「ダウンタウンの松ちゃんがおごってくれた」のかも知れません(笑)。

お得な限定キャンペーン情報

クレジットカード絞り込み検索

こだわり

年会費

国際ブランド

電子マネー

カードの種類

キーワード

カード名・カード会社など

性別・年齢 年齢:
職業・年収 年収:万円

注目の特集

全ての特集をみる

チェックしたカード

全て削除