知っトク!クレカまるわかり

現金が使えない駐車場が登場!

2018/04/20

前回のこのコーナーで「現金しか使えないコインパーキングがまだ多い」というようなことを書いたばかりなのに、今度は「現金が使えないコインパーキング」が登場しました。あ、現金が使えないのですから「コインパーキング」ではありませんね。失礼しました。

そんな「完全キャッシュレス」の駐車場をオープンさせたのは「三井のリパーク」を運営する三井不動産リアルティ。先月3月30日、東京都港区北青山にオープンした時間貸駐車場の利用料金は、クレジットカード、SuicaやPASMOなどの交通系電子マネー、Apple Payで支払います。現金は使えません。

ちなみに料金は「10分198円」。都心の超一等地ですから相場が高いのはさておき、注目したいのは「1円単位」であるということです。キャッシュレスということは「利用者も駐車場運営側も小銭が不要」なため、このように細かな料金設定ができるのです。

さらに精算機に現金を出し入れする手間がなくなりますから、浮いたコストは料金設定をより細やかにすることで還元できますね。この点でも駐車場運営側と利用者双方にとってメリットです。

現在、大手のコインパーキングでは「現金もカードも電子マネーも使える」というところが増えていますが、「完全にキャッシュレス」というのはこちらが初めての試み。2020年の東京五輪による訪日客のさらなる増加をにらんで政府が推進している「キャッシュレス化」の一環で、今後もこの流れは続きます。

経済産業省の「キャッシュレス研究会の方向性」によれば、2020年までには外国人が訪れる主要な商業施設、宿泊施設及び観光スポットで「クレジットカード決済対応100%」とともに「決済端末のIC対応100%」を実現することを目標として、決済端末の設置を働きかけていくそうです。

一気に「現金が使えなくなる」まで進むわけではありませんが、「必ずクレジットカードが使える」ことや「必ずIC対応の端末で決済する」ことに向けての動きは加速していくことになります。「自分のライフスタイルに合ったクレジットカードをしっかり見つける」ことがますます不可欠になってきますね。

お得な限定キャンペーン情報

クレジットカード絞り込み検索

こだわり

年会費

国際ブランド

電子マネー

カードの種類

キーワード

カード名・カード会社など

性別・年齢 年齢:
職業・年収 年収:万円

注目の特集

全ての特集をみる

チェックしたカード

全て削除