コンビニカードランキング

現代の生活になくてはならないお店と言えば、コンビニが挙げられるでしょう。缶コーヒーやペットボトルのお茶、おにぎりなど、ちょっとの買い物も積もればかなりの金額になります。ここでは、コンビニで、通常よりもお得にポイントが貯まるクレジットカードをランキング。毎日使うコンビニだからこそ、お得度倍増。あなたに合った1枚をお選びください。

ローソンで常に3%OFF!ドコモ利用料は還元率10%!

この1枚で自動的にdポイントクラブのゴールドステージへ!毎月の携帯電話料金・ドコモ光利用料金の10%のdポイントが貯まり、ホテル宿泊やJALのおもてなし空間、テーマパークの優待券など最高級の特典があたるプレミアムクーポンも。ショッピングでも貯まるdポイントは還元率1%で特約店ではさらにアップ。国内28の空港でラウンジが無料で利用でき、旅行傷害保険は海外・国内ともにさすがゴールドカードの充実補償。もちろん「dポイントクラブご優待」「dカードケータイ補償」などドコモならではのサービスも完備。

年会費(税抜) 限度額 発行時間 ポイント 旅行保険 電子マネー
初年度 2年目以降 付与 還元率 海外 国内
10,000円 10,000円 個別に設定 公式サイト参照 100円=1ポイント 1.0%~10% iD(アイディ)

キャンペーン情報

【期間限定】ご入会キャンペーン中!!今なら最大10,000円相当のポイントプレゼント!

年会費無料!ポイント最大20倍!ETCカードも無料!

人気のVIASOがついに募集を復活です。もちろん「オートキャッシュバック」も健在です。VIASOポイントプログラムではたまったポイントが自動でキャッシュバック。利用代金1,000円ごとに5ポイントが加算。ETCカード利用料金や携帯、プロバイダー料金の支払いならポイントが2倍。さらにVIASO eショップを利用すればさらにボーナスポイントが加算。Amazon.co.jp利用で+0.5%、Yahoo!ショッピング利用で+2.0%や楽天市場で+1.0%が狙えます。さらに、海外旅行傷害保険最高2,000万円やショッピング保険も付帯。これだけのサービスにもかかわらず年会費が無料なのだから人気なのも納得です。

年会費(税抜) 限度額 発行時間 ポイント 旅行保険 電子マネー
初年度 2年目以降 付与 還元率 海外 国内
無料 無料 最大100万円 最短翌営業日 1,000円=5ポイント 0.5%~10% - -

キャンペーン情報

新規入会キャンペーン!最大12,000円相当ポイントプレゼント!

年会費永年無料!ETCカード無料!誕生月ポイント3倍!

クレジットカードといえばポイント還元だろう。年会費が永年無料ながらも業界屈指のポイント還元率を誇っているのがライフカードだ。入会後1年間はポイント1.5倍。誕生月はなんと「3倍」にまでジャンプアップ。L-Mallを利用すればさらにポイントアップとなる。しかも、ETCカードや電子マネーiDも無料で発行対応となっているので、使える場面は非常に広い。ちょっと玄人好みのカードを狙うならいわゆるMastercardプロパーのデザインのBタイプにも注目。シンプルながらもスゴイをまさに実体験できるだろう。

年会費(税抜) 限度額 発行時間 ポイント 旅行保険 電子マネー
初年度 2年目以降 付与 還元率 海外 国内
無料 無料 最大200万円 最短3営業日 1,000円=1ポイント 0.5%~14.9% - - 楽天Edy(エディ) iD(アイディ)

最短3営業日発行!年会費無料も簡単!超定番カード!

世界シェアナンバーワンのVISAブランドを国内で初めて発行したのがこのカード。実績の豊富さはまさに折り紙つきだ。日常生活からビジネス、旅行先でもスマートに使うことができる。一体型の電子マネー三井住友iDの使い勝手も非常に良く、公共料金の支払いからコンビニでの利用まで、あらゆる場面で大活躍する。さらに実店舗を含む超有名店がラインナップされたポイントUPモールを使えばポイントが最大20倍!貯めたポイントの移行先もキャッシュバックをはじめANAマイルや家電量販店など無駄がない。屈指の使いやすさを誇るクレジットカードなのだ。

年会費(税抜) 限度額 発行時間 ポイント還元率 旅行保険 電子マネー
初年度 2年目以降
無料 1,250円 最大80万円 最短3営業日 0.5%~10% 海外:○ / 国内:- iD(アイディ) WAON(ワオン)

ETCカード無料発行!日本やアジアで抜群の使いやすさ

日本を代表する国際ブランドJCBのスタンダード。国内加盟店の多さはもちろんだが、韓国、台湾やハワイなどでの使い勝手が抜群によい。国内・海外旅行傷害保険は最高3,000万円。利用金額に応じて翌年の年会費は無料。また、JCB ORIGINAL SERIESの一画を占めており海外利用でのOkiDokiポイント2倍などのサービスが提供されている。はじめてのクレジットカードで、国内旅行や海外のメジャーどころにたまに渡航する方ならば、手ごろなカードだろう。このカードを使いこなしてみて、上級カードを検討することは悪くない選択肢だ。

年会費(税抜) 限度額 発行時間 ポイント還元率 旅行保険 電子マネー
初年度 2年目以降
無料 1,250円 個別設定 最短当日 0.5%~2.5% 海外:○ / 国内:○ QUICPay(クイックペイ)

年会費永年無料で還元率1%!オリコモール経由でさらに加算

年会費は永年無料!電子マネーiDとQUICPayの2種類同時搭載で取りこぼしのないポイントは還元率も1%と実用性も高い。しかも入会後6カ月間は還元率が2%にアップするから「いきなりお得」がすごいのだ。さらにオリコモール経由でのショッピングなら最大15%のポイント獲得に加えて0.5%のオリコモール特別加算ポイントも!貯まったポイントがオリコのポイントサイト「オリコポイントゲートウェイ」でAmazonのギフト券やiTunesギフトコードなどと「リアルタイムで交換できる」のはさすが!

年会費(税抜) 限度額 発行時間 ポイント還元率 旅行保険 電子マネー
初年度 2年目以降
無料 無料 最大300万円 8営業日 1.0%~3.0% 海外:- / 国内:- iD(アイディ) QUICPay(クイックペイ)

初年度年会費無料!日常も非日常も充実する1枚

グリーンのカードの中央にひときわ目立つ「センチュリオン」。アメックスこそクレジットカードの代名詞といってもよいだろう。旅行やグルメ、エンターテイメントなど人生を豊かにするサービスを手に入れたいなら必携のカードだ。
JCBとの提携で国内加盟店が大幅拡大し、スーパー、コンビニなど普段使いにも最適になった。「アメックスは使える場所が少ない」なんてすでに過去の話だ。
ポイントプログラム、メンバーシップ・リワードは1度ポイントを使えば期限は無制限。マイルにも交換可能だ。電子マネーQUICPayにも対応しているので、意外と貯めるチャンスが多いことに驚くだろう。

年会費(税抜) 限度額 発行時間 ポイント還元率 旅行保険 電子マネー
初年度 2年目以降
無料 12,000円 個別に設定 約1ヶ月程度 0.4%~1.0% 海外:○ / 国内:○ 楽天Edy(エディ) QUICPay(クイックペイ)

楽天Edy搭載で、コンビニの少額買い物でも楽天ポイント!

楽天市場を利用されているならば、ほぼ必須といってよいカードだ。最大の特徴は、年会費無料のカードにも関わらず、楽天市場でのショッピングポイントが4倍。楽天利用者でこれを見逃す手はないだろう。さまざまな買いモノや決済を楽天市場、そしてこの楽天カードに集約することにより楽天スーパーポイントを効率よく貯めることで真価が発揮されるのだ。さらにもう一つ。ANAマイラーにも人気が高い電子マネー楽天Edyが楽天グループ入りしたことにより、コンビニ・スーパーなどでも活躍の機会がアップした。楽天ポイントをマイルにという方も注目だ。

年会費(税抜) 限度額 発行時間 ポイント還元率 旅行保険 電子マネー
初年度 2年目以降
無料 無料 最大100万円 1週間程度 1.0%~10% 海外:○ / 国内:- 楽天Edy(エディ)

≪WEB限定≫電子マネー2種!旅行保険強化・ETCカード無料!

iDとQUICPayの2種類の電子マネーを搭載し、どの店でも簡単・スピーディーに支払い完了で快適この上なし。チャージ不要のポストペイ方式電子マネーだから残高を気にすることなく、コンビニやドラッグストアでのちょっとした買い物でも使えば使うほどポイントが貯まっていく!しかも入会後4ヶ月間はポイントが3倍!MAX600ポイントまで貯めまくれる。年1回利用するだけで「次年度年会費は無料」なのだから、実質年会費無料カードと見ていいだろう。さらに最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が「自動付帯」!マット加工の「黒」が魅せるカードフェイスにも注目!まさに「新時代のカード」と呼ぶにふさわしい。

年会費(税抜) 限度額 発行時間 ポイント還元率 旅行保険 電子マネー
初年度 2年目以降
無料 1,250円 最大300万円 8営業日 0.5%~1.0% 海外:○ / 国内:○ iD(アイディ) QUICPay(クイックペイ)

最大10,000マイル相当がもらえる★飛行機も電車も買い物もこれ1枚

Suica機能搭載のANAカード。ANAカードだから入会・継続時にもボーナス1,000マイルをドーンとプレゼント。飛行機搭乗時には区間基本マイレージの、なんとプラス10%がもらえます。VISAだから海外でも使い勝手はバツグンです。そして最大のメリットは、SuicaチャージでANAマイルを貯められる唯一のカードなこと。だから、ほかのANAカードを持っていてもこのカードをあわせて持とうという人は少なくありません。いや、もっておくべきでしょう。電子マネーiDとも組み合わせて、ご旅行から日常の決済までこれ1枚に集約すれば、特典航空券はもう目の前でしょう。

年会費(税抜) 限度額 発行時間 ポイント還元率 旅行保険 電子マネー
初年度 2年目以降
無料 2,000円 最大100万円 最短1週間 0.5%~1%+α 海外:○ / 国内:○ iD(アイディ) Suica(スイカ)

注目の特集

全ての特集をみる

お得な限定キャンペーン情報

チェックしたカード

全て削除