ステータスカードは海外旅行が好きな人にとっては切っても切れない必須アイテムです。はっきり言ってしまえば持っていると得というより、持っていないと損をします。せっかくの海外旅行をより優雅に、より充実したものにするためにも1ランク上のカード、ステータスカードをおすすめします。

>> 【海外旅行で役立つアメリカン・エキスプレス・カードの魅力!】

最高1億円の手厚い旅行保険

ステータスカードと海外旅行保険

海外旅行保険

海外旅行ではステータスカードが必須アイテムと言いましたが、その理由としてまず第一に海外旅行保険があります。

旅行先で病気になったり、ケガをしたり、何かを壊してしまったなど万が一の時にかかる費用を補償してくれるのが海外旅行保険です。海外旅行保険はステータスカードによってその補償内容は様々ですが、ステータスカードが1枚あれば安心して旅行できることは言うまでもありません。

主な旅行保険の種類と補償内容 ※補償内容は一例です。
種類 補償内容
傷害治療費用 交通事故や転倒などでケガをしたときにかかった治療費を補償します。
疾病治療費用 病気で現地の病院でかかった治療費を補償します。
傷害死亡・後遺障害 ケガが理由で死亡、もしくは後遺症が残った場合に支払われます。
疾病死亡 病気が原因で死亡した場合に支払われます。
携行品損害 携行品がスリや盗難、または火災などにあった場合、また故意ではなく破損してしまった場合など、損害を限度額の範囲内で補償します。

何のトラブルのない旅行ができればそれにこしたことはないのですが、万が一のトラブルでも海外旅行保険で手厚い補償が受けられます。出張旅行先で突然病気にかかってしまった時の治療費、入院費はもちろんのこと、日本から心配した家族が見舞いに来た時の渡航費なども補償してくれます。ステータスカード1枚が導き出す『安心』は計り知れないものがあります。

面倒な旅行保険手続きも一切なし!ステータスカードが1枚あればOK!

面倒な旅行保険手続きも一切なし

ステータスカードが1枚あればカードを所持している間はずっと補償され続けます。海外に何度も足を運ぶような方はステータスカードは必需品です。海外旅行保険は一般の保険会社に申し込むとすると1万円くらいかかってしまう場合もあります。しかも通常、掛け捨てなので、旅行の度に保険料がかかってしまいます。
ステータスカードの多くが海外旅行保険つきなので、面倒な旅行保険手続きは一切ありません。

空港ラウンジの無料利用

ストレスフリー空間、空港ラウンジ

空港ラウンジ

空港ラウンジは飛行機の出発を待つ乗客のために用意された待合室のことをさします。こちらは誰でも利用できるというわけではなく、特定の条件を満たした方が利用する事ができます。特定の条件とは空港ラウンジによって様々ですが、ゴールドカード会員などもその一つになります。出発前のひとときをVIPな気分にさせてくれることでしょう。さらにプライオリティパス付帯のステータスカードであれば、世界中の空港ラウンジが利用可能です。

プライオリティパスとは
世界100ヵ国300以上の都市、600ヵ所以上の空港VIPラウンジを利用する事ができます。搭乗クラスや利用航空会社にかかわらず、ご利用可能です。

あらゆるシーンでVIP待遇

宿泊先ホテルの部屋や航空券のアップグレード

宿泊先ホテルの部屋

ステータスカードは日本でもいろいろと優遇されるケースはありますが、海外では更にパワーを発揮します。例えば宿泊先のホテルでチェックイン時にワンランク上の部屋にアップグレードしてもらったなんて話も聞きます。
ホテルの部屋に限らず、航空券のアップグレードやレストランでの割引や特別メニューや特別席への案内などの高待遇が受けられることもあるようです。

その他、便利・お得なサービス

搭乗時に貯まるマイルでもお得!

マイルでもお得

海外旅行で飛行機に乗ってマイルを貯める。貯めたマイルでタダで海外旅行。その海外旅行でまたマイルが貯まって、また旅行。こんな夢のようなことも、ステータスカードなら、グッと現実味を帯びてきます。
例をあげると、通常のフライトでもらえるマイルは一般カードの場合、区間基本マイレージの+10%のところ、ステータスカードなら+25%になります。
お得にマイルを貯めたい方にとっても、ステータスカードは必須です。

レンタカー利用

レンタカー利用

海外の提携レンタカー会社で、ステータスカード会員ならではの特別優待料金でレンタカーサービスをご利用することができます。
世界150カ国・8,100以上のネットワークのハーツレンタカーと提携しているステータスカードならハーツNo.1クラブ・ゴールド会員としてさまざまなサービスを優待料金で受けることができます。さらに現地で車を借りる際に並んだり、待つ時間も大幅に短縮することができます。

手荷物宅配サービス

海外旅行は空港に身軽で行って、自宅まで身軽で帰って来たい。誰もがそんなふうにできたらいいなと思うのではないでしょうか。手荷物宅配サービスとは海外旅行の出発時に自宅から空港までスーツケースを運んでくれたり、帰国時に海外旅行で増えてしまった手荷物を空港から自宅まで運んでくれるサービスです。通常だと1個につき数千円の料金がかかりますが、ステータスカード会員だと数量限定で無料だったり、割引サービスを受けることができます。

知らない土地で多額の現金を持ち歩かなくてもいいという安心感

せっかくの海外旅行なので、ショッピングを楽しみたいと考えている方も多いと思います。海外でしか手に入らないものだったり、ブランド品の購入だったりと何かとお金をたくさん使ってしまうのが海外でのショッピングではないでしょうか。多額の現金を持ち歩くというのは誰でも不安なものです。それが海外だったらなおさらでしょう。
そんな心配は1枚のステータスカードが解決してくれます。別にステータスカードでなくてもとお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、更にステータスカードならゆとりの限度額設定でさらに安心してショッピングができることでしょう。

「こんなシーンで活躍!海外旅行編」の口コミ

  • コンシェルジュの対応の良さは年会費以上の価値

    50代・男性 / 評価

    アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

    海外でのサポートの手厚さとコンシェルジュの対応の良さは、他のカードにないサービスの良さで年会費以上の価値はあると思いました。なかでも、これでもかと言う位充実した海外デスクはもちろん国内も何不自由なく使えます。
    海外でも観光地から田舎までトラブルを起こした時の対応がものすごく早いようなので本当に頼もしいです。

    年会費(税抜) 限度額 海外旅行傷害保険 国内旅行傷害保険 電子マネー
    29,000円
    初年度無料
    個別に設定 最高1億円 最高5,000万円 楽天Edy(エディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 実質的にはゴールド。やっぱりアメックス!

    20代・男性 / 評価

    アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・カード

    学生時代からなんとなく「海外旅行好きならアメックスでしょう」と思っていたので、社会人になってしっかり自分の稼ぎで旅行へ行けるようになったときに作りました。はっきり言ってイメージとかデザイン先行で作ったカードでしたが、どこの国へ出かけても「実質的にはゴールドだな」と思えるサービスと優越感はさすがです。

    年会費(税抜) 限度額 海外旅行傷害保険 国内旅行傷害保険 電子マネー
    12,000円
    初年度無料
    個別に設定 最高5,000万円 最高5,000万円 楽天Edy(エディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 旅行保険や現地サポートはさすが

    40代・男性 / 評価

    ダイナースクラブカード ダイナースクラブカード

    このクラスのカードになると空港ラウンジの利用や手荷物配送なんかは常識ですね。旅行保険最高1億円は自動付帯というのもさすがです。ダイナースクラブ会員限定の限定特別ツアーはまだ参加したことはありませんがすごく興味があります。海外での現地サポートは一度利用すれば良さがわかります。ぜひ使った方がいいです。

    年会費(税抜) 限度額 海外旅行傷害保険 国内旅行傷害保険 電子マネー
    22,000円 一律の制限なし 最高1億円 最高1億円 楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • ANAを頻繁に使うなら最強のカード!

    30代・男性 / 評価

    ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

    キャンペーン中のスタートダッシュでマイルがガンガン貯まって満足です。乗った時に多くマイルが付くようになるのと機内販売の免税品が割引になるのがいいですね。それにカードフェイスがかっこいいのでデザインにこだわりたい人にはおすすめです。
    マイル獲得のためにもANAカードコンプを目指しています。海外行きまくります。

    年会費(税抜) 限度額 海外旅行傷害保険 国内旅行傷害保険 電子マネー
    31,000円 個別に設定 最高1億円 最高5,000万円 楽天Edy(エディ) QUICPay(クイックペイ)
  • JALカードにプラチナが出た!

    40代・男性 / 評価

    JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ

    ANAカードのラインナップの充実っぷりを横目にみつつ、JALカードも強化されないかなと思っていたら登場しました!鶴丸復活でカードフェイスも洗練されました。やっぱ日航といえば鶴丸ですよね。
    サブカードにJALSuicaを押さえつつマイルを稼いでます。引き落としから普段の移動まで決済集中させて特典航空券とJGC獲得狙います!

    年会費(税抜) 限度額 海外旅行傷害保険 国内旅行傷害保険 電子マネー
    31,000円 - 最高1億円 最高5,000万円 QUICPay(クイックペイ)
  • この年会費でこのステータス!

    30代・男性 / 評価

    MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

    海外に行くならコンシェルジュサービスとプライオリティパスがあるカードが欲しい!ということで入会。今まで旅行の度に傷害保険に加入して毎回お金を払っていたのですが、このカードは自動で付帯しているのでもうその必要はありません!しかも、ゴールド並の年会費でプラチナカードを持てるだなんて夢のようです。

    年会費(税抜) 限度額 海外旅行傷害保険 国内旅行傷害保険 電子マネー
    20,000円 最大500万円 最高1億円 最高5,000万円 -

お得な限定キャンペーン情報

 

注目の特集