知っトク!クレカまるわかり

iPhone6から探る「クレジットカード決済の未来」

2014/09/26

9月9日、米Apple社が「iPhone6/6Plus」そしてスマートウォッチ「AppleWatch」を発表しました。日本での「iPhone6/6Plus」発売日となった9月19日には銀座のAppleStoreにも長い行列ができて話題になりました。

ファンが待望していたこれらの新機種にはさまざまな新機能が搭載されており、人々の新しいライフスタイルを生むかもしれません。そんな中で今回はNFC(近距離無線通信)を使った非接触通信決済ができる「ApplePay」に注目し、クレジットカード決済の未来の姿をちょっと覗いてみましょう。

カード情報は漏れない

「ApplePay」は、クレジットカード情報を暗号化してiPhoneに保存し、日本の「おサイフケータイ」などのように店頭の読み取り機にかざすだけで支払いができるサービス。利用する際には手持ちのクレジットカードを登録します。現在のところVISA、Mastercard、amexのクレジットカードに対応しています。

登録はiPhoneのカメラがクレジットカードにある番号を自動認識するためとても簡単。複数のカードを登録することもできます。

店頭で支払いをする際には特にアプリを起ち上げる必要はなく、iPhoneをかざすだけ。たとえ画面が消えている状態でもいいそうです。ただしその時は読み取り機にかざしながらホームボタンに指を添えます。

つまり「暗号化されたカード情報」プラス「生体認証」が揃って初めて決済ができる仕組みです。ですから万が一iPhoneを紛失しても、他人がこの方法で決済をすることはできません。

さらにiPhone上からカード番号を知ることはできないようになっているため、iPhoneを紛失しても元のクレジットカードを停止する必要はありません。

店舗側では顧客のクレジットカード番号を知ることなく決済が行われるのでカード情報が外部に漏れることはありません。また、Apple側は決済に関する個人データには一切関与しないということで、店とカード会社以外にあなたの決済履歴が残る心配もありません。

でも日本ではまだです

ApplePayのサービスが開始されるのは10月からで、当面はアメリカのみ。日本でこの先どのように普及していくかはまだわかりませんが、

  • 手持ちのクレジットカードと紐付けられる
  • 紐付けがiPhoneのカメラで簡単にできる
  • クレジットカードと直接紐ついているのでチャージがいらない

など、クレジットカード利用者にとっては魅力的な点がたくさんあります。クレジットカード決済の「近い未来」が楽しみになってきますね!

クレジットカード絞り込み検索

こだわり

年会費

国際ブランド

電子マネー

カードの種類

キーワード

カード名・カード会社など

性別・年齢 年齢:
職業・年収 年収:万円

注目の特集

全ての特集をみる

チェックしたカード

全て削除